• トップ

矯正歯科に通うメリット

矯正歯科での子供歯の矯正時期

矯正歯科を行うメリット

歯科矯正は歯の並びを綺麗にする審美歯科目的の治療です。審美目的ですので、かかる費用は保険の適用外となり全て自己負担になります。しかし、矯正歯科を行うことのメリットは費用以上のメリットがあります。矯正歯科を行う時期は、大人の歯に生え変わった後に行うことがいいでしょう。しかし、時期として大人になってからよりも子供のうちに行うことをお勧めします。その理由としては、矯正歯科のメリットにあります。矯正して歯の並びを綺麗にすると見栄えだけではありません。歯磨きも綺麗にできるので虫歯になりにくい歯になります。また、上下の歯のかみ合わせが良くなることで、食育にもいいのです。左右のバランスもいいので、子供の体の成長にもよい効果が期待できます。また、大人になってからですと、肩こり、腰痛、頭痛にもいいのです。片方だけで噛むことがないので、体にかかる力が左右均等になります。肩こりが少なくなり偏頭痛もありません。大人になってからも十分なメリットがありますが、どうせ行うのであれば、子供時期に行うとよりメリットが大きいのです。公的な保険の適用外となり少し、費用はかかりますが、より大きなメリットがありますので子供の時期に行うことをお勧めします。

矯正歯科の深い情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu