• トップ /
  • 矯正歯科について考えよう

子供が受ける矯正歯科の治療

矯正歯科について考えよう

矯正歯科―子供の治療の場合

子供の矯正歯科治療は第1期(乳歯の時期~永久歯がまだ生えそろっていない時期)と第2期(永久歯が生えそろった時期)とに分かれます。第1期は骨格矯正が主で、永久歯がきちんと生える準備を目的とし、第2期は骨格が完成したところでワイヤーなどを使った歯並びを整える治療をします。矯正歯科は保険適用外で虫歯の治療などに比べると高額な治療費がかかるため、本当に子供に矯正治療を受けさせる必要があるのか?という疑問を持つ保護者の方もいると思いますが、子供に治療を受けさせるメリットは多く、歯並びがよくなることで虫歯や歯周病にかかりにくくなるだけでなく、歯並びから影響された体の歪みが治るという面もあります。矯正歯科は専門医のいる治療院へ通院する必要があるので、普段のかかりつけの歯科医以外の歯科医院へ通院しなければならない可能性もあります。虫歯の治療に比べ長期的で子供にとってはより辛抱のいる治療なので、評判などを参考に親子で納得の行く病院を探し、継続的に治療が進められるようにしましょう。できるだけ近くの病院が良いというのであれば、インターネットで居住地域の矯正歯科医院の評判を検索して病院を探すことも可能です。または子供の友人の親御さんなどから口コミで評判の良い先生を教えてもらうのも良いと思います。

矯正歯科の深い情報

↑PAGE TOP

Menu