• トップ /
  • 矯正歯科は子どものうちに通う

矯正歯科にある治療法

矯正歯科は子どものうちに通う

矯正歯科では複数の治療法がある

子供が矯正歯科に行く場合にはまだ骨が成長しきっていないため、短い期間で治療ができて、費用も抑えられるので、歯並びが気になる場合には早めに治療をしましょう。治療の期間は一般的に二年程度で終了をするので、大人が行うときよりも半分の期間で済み、歯を抜かなくても治療はできるので負担も少ないです。現在では歯並びが悪い人が増えていて、見た目の問題ではなく、歯周病などのリスクも高くなります。矯正歯科で子供が治療する際にも複数の方法があって、費用もそれぞれなので、医師と相談しながら決めましょう。治療の際に目立って見た目にコンプレックスになると考える人もいますが、通常の表側にワイヤーを通すだけでなく、歯の裏側にワイヤーを通す方法や、取り外しができるマウスピースを使ったものもあって、目立たなく治療ができます。特にマウスピースは洗浄することもでき、食事のときにも違和感が感じない方法です。定期的に通う必要があるのですが、最初の頃は一か月に一度程度で、徐々に通う頻度が少なくなり、最終的には半年間程度間隔が開きます。子供が矯正歯科で治療をするときの費用は、一括払いじゃなくても良く、分割払いで少しずつ払っても良いので、手元にお金がなくても治療を開始できます。

矯正歯科の深い情報

↑PAGE TOP

Menu